一度、他人の目で見てみるといい

昨日、夜の11時近くに地下鉄に乗りました。
長旅でへとへと、シャツのシワを整える気力もなく、重い荷物を肩からかけてぼんやりと乗客を見ていると、異様なほどのスマートフォン利用者。

ほぼ全員がスマートフォンの画面にかじりつき、指で画面を触っています。
何をしているんだろうと気になって覗き見してみると、ゲームです。

ビジネススーツの人(男女)も大学生風の人(男女)も、ゲームかSNS。
誰も本なんて読んでない。

夜の地下鉄といえば昔は資格の勉強してるサラリーマンとか、ホント多かった。
電子書籍を読んでる人もいるかもしれないけど、そんなのは指の動かし方見れば分かる。

いっそがしい指使い。
本のはずがない。

「本を読め」なんてのは、もはや口うるさいジジイの言葉になってしまっていて、自分も高校時代なんかまじめに勉強したこともない赤点小僧だったくせに、おっさんになって偉そうに「本を読め」って言ってる。(笑)

なぜって、この歳にならないと大事なことってわからないからなんだな。

僕は数学とか苦手だったけど、家庭の方針で本だけはやたらと読まされたので、今でも本を読む習慣があります。これは、僕が唯一といっていいほど本気で感謝している教育です。

一度スマートフォンを持たないで電車に乗ってみるといいです。
ゾンビ映画に出てくる、ゾンビに埋め尽くされた列車です。

ちょっとでも音を立てたら全員ガバっと顔を上げて襲い掛かってくるシーン。

この感覚を、スマートフォンを我慢して電車にのって他人の目線から味わってみてください。
怖いです。
自分もゾンビ化してもいいのかな?って疑問に思うはず。

僕はスマートフォンを持ってないけど、Wi-Fiルーターとipadを携帯しています。
だから、事実上はスマートフォンユーザーだし、その業界とも全く無関係じゃない。

その立場から見ても、今のスマートフォン使用状況って

異常

です。スマートフォンがもたらす不経済効果って、計り知れない。
四六時中スマートフォンやってる人、その時間は絶対にもったいない。

とはいえ、

そこまでがんばって生きたって、どうせ死ぬでしょ?

という極端な理屈をいう人も増えてきて、それに返す言葉がない(気力がない)ので、無駄な遠吠えなのはわかってるんだけど。

とにかく、自分の子だけはゾンビにならないように躾けないと。
親としては。

(で、あんたの子はゲームとか、スマートフォンは禁止?というとそうではありません。妻はiPhone ユーザーで、息子には最新の無料ゲームはほとんどやらせています。しかも、学校に行く前の30分、ゴロゴロしてゲームやってる。友達との通信ゲームも許可。もちろん僕公認。そのバランスをどう取るか?というのが大事だと思うんです。)

こんな記事もあります。

再挑戦の気質 on October 31st, 2009

休めるといいんだけど on March 15th, 2011

ちょっとうれしい on March 8th, 2010

性能至上主義 on June 2nd, 2007

先日会った外国人女性 on February 19th, 2008

そろそろ “子離れ” 準備だな

息子6年生。

ついに、自分の城を手に入れました。
といっても我が家は壁がほとんど無いので、実質的には

スペース確保

という感じ。
今まで自分の部屋どころか、勉強机もなしベッドもなし。
ずっと家族3人で川の字に寝てました。

それが、

机を手に入れ
ベッドを手に入れ
専用クローゼットを手に入れ
専用ノートパソコンを手に入れ
今まで温存してあった宝物の数々をディスプレイし

ご満悦です。
それと同時に、自分のことは自分で全てやるようになりました。
5年生までは学校に着ていく服も妻に選んでもらうような子でしたが、もう

「な~んにもやらないからね」

といったら、毎日嬉しそうに服をコーディネイトしています。
勉強は相変わらずリビングでしていますが、夜は自分のスペースで小説を執筆しています。(笑)

なんか、全然親なんて要らないみたい。
可愛いのは、たまに僕らのいるリビングに降りてきて、

「寂しいから来た」

というところ。
我が家は家の1/3が吹き抜けなので、自分のスペースからリビングにいる僕らの声は筒抜けなのに。
しかしそれも、1週間過ぎたらなくなり、ずっと本を書いている。

寂しいのは僕の方。
今までは僕が勉強を見て、朝は一緒に起きて・・・という生活だったのに、一気にそれがなくなり、

息子はぜ~んぜん平気

これでいいのだ・・・。
これでいいのだ・・・。

よく育ったと喜ぶことにします。
幼稚園のころから書いてきたブログですが、ついに子離れです。

親離れはほぼなんの抵抗もなく完了しそうですが。(笑)

こんな記事もあります。

知ってる人の前の子供 on May 25th, 2010

パンの耳 on May 20th, 2007

言葉は常に2歳生意気 on September 30th, 2007

何が良くて、何が悪いのか on January 27th, 2008

落書き帳のしつけ on December 9th, 2009

子供に言っていることを自分がやれたら

息子の成長が自分の目に眩しいです。

我が子に感じるべきではないのでしょうが、軽い嫉妬感というか、それを通り越してイライラすることもあります。

それは子供がちゃんとしてないからではなくて、自分がちゃんとしてないから。
僕が教えた息子なんですが、僕ができないことが色々としっかりとできる。
僕より全然強い。

息子には、やるべきことをしっかりと、準備を満足いくまでやったあとでも、

「オーディションは500回落ちるもの」

と言うくせに、僕は自分の営業活動で上手く相手に自分の思いを伝えられなかったり、結果として他社に依頼されてしまうようなことがあると凹みます。

営業活動ってオーディションみたいなもの。

だから、500回失敗して初めて一人前になれるんじゃなかったっけ?

親ってそんなもんなんだと思います。
自分にできないことを教訓として子供に教える。子供は、それを

「当然のこと」

として受け止めるからぶつかっていく。失敗しても僕は笑ってみてあげられる。

「もう一回失敗してこい」

って。それに安心して子供はでかけていく。
そのうち上手くなってくる。
子どもと僕との違いってなんだろう?

失敗を笑ってみてあげる。

そういう存在がいるかいないか。
40過ぎてそこに甘えるわけではありません。

親として、その役割を果たせていれば、自分が得られなかったサポートを自分の子供には与えられる。

その満足感があれば良いじゃないか!

自分が育てた子供の成長に励まされて、

よし自分も頑張ろう!

と思えるのなら、それは親として上手くやったという証拠。
そう思って、僕も

500回失敗する気で行こう!

そう決意しました。
親が子供に教えてること、それを実践すれば親ももっとマシな人間になれる。
そう思う。

こんな記事もあります。

2年生スタート on April 7th, 2010

相撲ごっこと男の子 on August 20th, 2007

好き嫌いの躾け on August 9th, 2009

夏休みって必要? on August 14th, 2009

一生懸命の大切さ on August 22nd, 2009

かっこいいか、かっこ良くないか

ここ20年ほどの日本は、

かっこいいか、かっこ良くないか?

この価値観に毒されすぎていると思う。
かっこよさだけが物事の良し悪しを決めるようになると、大切なことを見失います。

例えば子どもたちの学校での活動。

掃除はかっこ悪い。
泥だらけになって何かをすることはかっこ悪い。
先生の言いなりはかっこ悪い。
他人に協力するのはかっこ悪い。
授業をまじめに受けるのはかっこ悪い。

なぜか努力や我慢を要するものは、

カッコ悪い。

勉強をしっかりやらないで頭が悪いことはかっこ悪くない。
むしろ、それを入れ替える「ワルっぽくてかっこいい」という別の価値が出てくる。

結局、一生懸命に何かをやりたくない、習得に時間がかかることはやりたくない。
出来る人は妬ましい。
かといって、できるようになる努力は疎ましい。

ただそれだけのことにさもありなんという理由を与えているだけ。

だけど、英語が話せたらかっこいいという部分はそのファッション性が勝っているためか人気があります。僕の口からいうのもなんですが、

外国人と話すための自分自身の考え方、主義
そして、相手を受け入れる「世界」への知識

そういうものを同時に身につけなければ、英語なんて話せたってかっこ良くもなんともない。

だいたい、日本語で誰かに何かを伝えたい!という強い気持ちがある人でなければ、なぜ外国語なんて学ぶの?という話。

ファッションで外国語をやるのなら時間とお金の無駄です。
今すぐやめた方がいい。

かっこいい悪いで物事が進んでいく世の中はとっても生きにくい。
だから、まずは小さい子どもたちから

かっこいい悪いではなく、本物の価値を教えてあげるべきだと思うけど。

努力ってやっぱり必要。
泥臭いことも必要。
そういうものを超えてこそ、期せずしてかっこいい人間になるはず。

かっこよくなることだけを目的にしないほうが良い。

こんな記事もあります。

できる人 on July 15th, 2009

気になる選挙後のメディア on September 3rd, 2009

コンプレックス克服の姿勢 on March 28th, 2008

芸能人の最高の芸は? on August 2nd, 2007

本当に怖いのは on November 12th, 2010

自分の意見至上主義

この頃、ネットでも現実の社会でも

自分の意見至上主義

多いです。
自分の意見至上主義というのは適当に作った言葉ですが、例えばある商品のレビューで、

「この何々商品は駄作だと思う。もう少しこうすれば売れただろうに」

と書いてあったりする。この人は何様?

そんなに凄いアイデアの持ち主なら、さっさと自分で会社でも立ち上げて自分で開発した商品を売った方がいい。

商品の“デキ”にうるさいやつ。
レストランの味にうるさいやつ。
仕事の仕上げにうるさいやつ。

それらが自分の専門分野なら他人の仕事のデキに文句も言いたくなるでしょう。
でも、

何でもかんでも自分の考えが最高

と思っている人は始末に終えない。
そういう人は、コンビニの店員の態度やら、行った店の係員、台風で運休になった交通機関の駅員、たまたま電話をかけた時に応対したパソコンメーカーのサポート要員のありかたまで、何から何まで一家言ある。

もちろんこの場合の“一家言”というのは、皮肉を込めてね。

僕自身もやはり批判されることがあります。
そんな時は、こう考えるようにしています。

スピルバーグ監督だって、映画を発表すれば批判される。
僕みたいなのがやることが100%無傷でいられるはずがない。

批判というのは必ずある。
それを伝えてあげなきゃならない場面もある。

でも、伝えるのであればもう少し、

「自分の使い方だと、ここがこうなってると嬉しいな」

とか、

「ここの味付けは自分の好みよりちょっと塩辛いかな」

くらいにしておいたらどうだろう。
わざわざ相手を無能扱いして追い込む必要がどこにあるのか、僕にはさっぱりわからない。

こんな記事もあります。

本質を忘れた習い事 on June 29th, 2009

終戦記念日の新聞 on August 15th, 2007

セールスのアルバイトさん on August 4th, 2009

昼のテレビ on October 1st, 2008

気持ちは分かるけど on November 23rd, 2008

子供が自分の行動を省みる時

4年生の頃、息子はひどかったです。
先生とうまくいかない、クラスメイトの女の子とトラブルになって、カンシャクを起こして教室の水槽(水の入っていない)を蹴って割ってしまったり。弁償の品を持って僕が謝りに行くなんてこともありました。

とにかく反抗も口答えもあったし、学校からの電話もあった。
手形が残るほどビンタしたこともありました。

6年生になった今、息子は自分で言っています。

「僕って4年生の頃悪かったよね。思い出しても恥ずかしいよ」

僕としては願ったりかなったりな言葉です。
子供が何にも問題を起こさないなら、それはそれで良いことです。

でも、ただただおとなしいとか、従順であるだけだったり、ひょっとすると裏表があるなんてことになると問題がないことを喜んではいられません。

子供は未知の問題にぶつかる。

経験が少ないんだから仕方がない。
やることなす事未知の問題なんだから。

大事なのはそこから何を学ぶかだと思うんです。
息子は、

荒れまくって人の話も聞かなかったことを“恥ずかしい”と思う心を持ちました。

荒れていた頃は、毎晩頭を抱える日々でした。
僕が出張でフランスにいた時も、毎晩スカイプで話を聞いて、時差があるにも関わらず現地の真夜中すぎまでずっと学校での不満を騒ぎ立てる息子の話を聞き、アドバイスをしました。

あれから2年。

その行動を冷静に見て反省出来たのであれば、最高の経験だったというわけです。
今ものすごく辛くても、親としての信念を持って子どもと向き合うしかないです。

それは必ず映画のように筋書きがあって、

いつか笑って話せる

というものにならないかもしれないです。
でも、やるしかない。

こんな記事もあります。

子どもの個性か規律か on March 21st, 2010

こういう親が育てた子供と on March 16th, 2009

5歳の息子:反抗期の今、こんな状態です on February 27th, 2008

子離れ準備 on May 12th, 2009

早くも5年生後半 on November 8th, 2013

人間関係は一方通行ではダメですね

先日、近所の家庭から夫婦げんかの声が聞こえてきました。(^_^;)
聞きたくなくても聞こえてきちゃうんだもの。

しかも、内容まで。

一方的にご主人がキリキリしてるようで、奥さんの声は全く聞こえません。
奥さんの言いぶんを許さない、聞かない。
一刀両断に、

「これこれに決まってるだろう」
「どれそれは明らかにあれだろう」

本当にそうなんだろうか。
決まってるんだろうか?
明らかなんだろうか?

口論をしているとその点が一番わかりにくくなります。少し冷静に考えたり、相手の立場にたったら分かる時もある。

もう一つ口論をややこしくしてしまうのは、「決まってるだろう」「明らかだ」という断言口調で話されることが続いていくと、聞いているだけの(受け身)側は苦痛をかんじてしまいます。

そして、いつか何かのきっかけでポッキリと折れる。
そうすると、いつも怒ってる方は、

「なんでこんなことで!」

と逆上してしまう。初めて反撃に出た方は、

「いままでずっと我慢してきて、これが小さなきっかけになっただけ」

僕は後者を応援してしまいます。だいたい家でも会社でもどこでも

我慢する人は我慢する立場

もう少し客観的に見られないだろうか。
相手の中に日々積み重なっていくストレスや怒りを感じることはできないだろうか?

夜風に乗って聞こえてくるご近所さんの(ご主人の)声にそんなことを考えていました。

言うばっかりの人は、我慢が足りません。
言われてばっかりで、言い訳も弁解も許されない人は、心の中で、

「もういいやっ!」

と思ったら、警告ではなく最後通告を出します。
夫婦なら三行半。

やっぱりね、一方通行はだめです。
お互いに言い分がある。
お互い大人だから、自分のことを棚に上げて一方的に

指導される

という状況は耐えられません。
あ、もちろん子供だって一緒だと思います。

親は、赤ちゃんの頃には100%の自由を子供からあずかり子供を監督して、成長するにしたがって自由を返していく。

自立するときには100%の自由を子供が取り返して、笑顔で家を出て行くようにする。
これが理想だと思います。

人間関係の一方通行は、破滅への道です。

こんな記事もあります。

潮干狩りと人間社会の縮図 on May 25th, 2008

道案内 on August 26th, 2008

謙虚な方が、生きやすいな on January 25th, 2009

消費者としての自分と他人 on February 25th, 2008

インフルエンザ on February 7th, 2009

100円ショップ率

100円ショップが大好きです。
ダイソーも好きだったけどもう少し洗練された商品を置く店も増えてきて、近いことも手伝ってそちらに行く機会が増えました。

ただ、この頃、100円ショップ率が低くなりました。

5倍出してもホームセンターの方が良いことがよく分かってきたからです。
例えば、工具。
プラスドライバー、マイナスドライバー、めがねレンチ・・・なんでも揃うけどやっぱり精度って大事です。少し使うだけだから、と100円ショップの工具を引き出しに入れておいたりしましたけど、困ったことにいざ使おうとすると問題が起きる。

ねじ山をなめてしまう
ドライバーの先が変形する
芯がグリップの中でクルクル回って使えない

などなど。
例えば大切な時に1回使えれば100円の価値はあります。
でも、初回で壊れて、その後工具箱の中のちゃんとしたドライバーを探しに行くなんて、困ったものです。

布団圧縮袋もそう。
やみつきになる気持ちよさの布団圧縮袋です。
でも、100円ショップのものは、1日と保たない。
物置の中で空気が漏れ込んでしまい、どんなに確実にしても圧縮を一年保てない。ひどい時はプラスチック(ビニール袋)が端っこから裂けてくる。

これも困る。

一方で、ホームセンターの安物ドライバーは、安物であっても使える。ちょっとした時に役に立つ。
布団圧縮袋は、来年の春までずっと掛け布団を4分の1の厚みで保持してくれる。

よくよく選んで買わないと、100円ショップ商品は、

形をしているだけで、その目的を成さない

というものもあります。これは改善・・・してほしいというより、あの値段でそこまで要求する僕らも良くないわけで、それならいっそ売らない方が誠実なのでは?とも思います。

100円ショップで面白いのは、置物であったり材料として使うもの。
工作用に切り刻むとしても、失敗しても平気。

そうするとボウズと何かつくろう!となっても楽しんでできます。

100円ショップは何でも揃うと思っていたけど、やっぱりそれは無理。
楽しむべきところと実用で耐久性を必要とするところは、やはりお金を何倍でも出しておいた方が将来的なコストを考えると安くつくことが分かります。

それでも100円ショップは惹きつけられる。(笑)
だから、存在価値までは否定できない。
だって結局好きなんだから。

こんな記事もあります。

性能至上主義 on June 2nd, 2007

影響力 on April 26th, 2009

ありそうなこと、ないこと on July 3rd, 2009

“前提”を間違えれば on August 3rd, 2008

いっそ全てやめてしまえ! on July 19th, 2007

ハリウッドが女性大統領の準備中?

アメリカのTVシリーズは、「24」からずいぶんパワーアップしました。
ここ10年ほど、DVDを借りてきてはアメリカのTVシリーズを見ています。この頃の傾向としては、

女性が主人公のドラマが増えた・・・し、面白い

しかも、男以上に頼りがいがある。タイトルを思い出してみると、

フリンジ
ミディアム
ゴースト
ニキータ
ダメージ
ヘイヴン
ボーンズ

といったところ。
そして、この頃ヒラリー・クリントンさんが大統領を目指しているだのなんだのというニュースが現実味を帯びてきたわけです。

ハリウッドがアメリカ大統領選挙に影響を与えることは想像に難くないことです。
例えば、オバマ大統領が誕生する前に「24」では黒人大統領が大活躍したし、それ以前の映画ではモーガン・フリーマンさんが大統領役の映画がありました。今まで現実の世界で起きなかったことをフィクションの中でリアルに描くことで、

「これもアリ」

というイメージに変えていく。
昔はアクション映画といえば男臭いものでした。
20年前の女性のアクション映画って思い出せますか?
ちょっと思いつかない。
アマゾネスとか・・・?(笑)

でも、この頃は違う。

ニキータのような激しいアクションや、ガンプレイを女性が演じても全然違和感ない。
主人公女性は知的で、細身なのにマーシャルアーツに長けている。
しかもリーダーシップも取れる。

こういう感じもいいじゃん!

自然にそう思わせられている。
むしろ、思ってることも意識していないほど。

この傾向を続けていけば、女性大統領、生まれますよ。
きっと。

まあ、他国の大統領なので、日本に利益があるかどうか・・・というと・・・無いんですが。(^_^;)

こんな記事もあります。

中国からの物品購入 on April 18th, 2012

今年のインフルエンザしぶといね on February 10th, 2009

顔の半分が動かなくなる病気 on July 20th, 2007

エクセルで何でもやる人 on September 16th, 2010

メモリー交換と自己責任 on November 29th, 2008

児童会長になれた

そっぴくんが幼稚園の頃からこのブログを書いてきました。

今は小学6年生・・・早いです。
おそろしいほど。

その間色々ありました。出会いと別れと辛いことと楽しいこと。
どんなことがあっても続いていくのが子育て。

ブログを始めた頃には

「こんなところで御託を並べていて数年後に恥ずかしいと思わないだろうか?」

とも思いましたが、ひとまず上手く育ってくれたと思います。
引っ込み思案でもないし、意地悪で学校から呼び出しされることもなく、先生からは良い評価をいただいています。

その集大成というか、5年生の終わりがけのことです。
夕食時に、

「児童会選挙があるんだって」

というので、僕は勢いで、

「お前、出ろ」

と言ったら、

「分かった」

で、次の日には申し込んで選挙運動が始まりました。
家族でポスターを作って、演説をつくって、選挙運動の計画を立てて・・・

選挙運動のポスターに貼られた写真を元親友がカッターで切りつけるなんていう事件を経て

見事当選!

気になるのは僕に似て堅い性格(頑固)で不器用なところでしょうか。
もう少しお気楽な子になって欲しかったですが、僕にはその方面の素養が全くないので、仕方がないです。

例のごとく、親ばかを承知で言ってしまえば、誇りに思える息子に育っています。

こんな記事もあります。

新しい刺激との出会い on May 10th, 2009

読み聞かせ on March 25th, 2010

卒園前夜 on March 17th, 2009

4歳で一人歩きも良いけど on October 12th, 2008

パンの耳 on May 20th, 2007