Home » 絵本: コウモリ うみへいく

絵本: コウモリ うみへいく

 | 

こうもりうみへいく

ひさしぶりに、

これはすごい!

という絵本を見つけました。
ストーリーはそれほど特筆すべき所はないんですが、とにかく、

絵がすごい!!!

この本を見たら、是非とも

照明

を見てください。

絵に照明? そんなのあるわけがない!

あるんです。実は。
全ての絵には、照明があります。なにしろ、光がないと物は見えないんですから。物体が見えるところには光があります。

絵描きは、その光を絵の中に表現します。

例えば、この絵本の絵画で見てほしい部分は、

コウモリの毛皮の輪郭部分の輝き (照明用語でキッカーという)
コウモリの耳を透ける光
月明かりを背に受けているのに、顔が判別できる (照明用語でフィルという)
月明かりでキラキラ光る海・波

これらが、完全に映画的な照明効果を狙って描かれています。
勝手に断言しますけど、この人は映画を意識してこの絵本を書かれています。

細部まで隙のない画で、鑑賞に値すると思います。

こんな記事もあります。

書籍【赤ちゃんの値段】 on October 15th, 2007

ようやく始まった読書 on February 23rd, 2010

自己矛盾に答えてくれる本 on April 8th, 2009

不覚にも目頭が on August 23rd, 2007

チーズはどこへ? on November 12th, 2008

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です