Home » 絵本: コウモリ うみへいく

絵本: コウモリ うみへいく

 | 

こうもりうみへいく

ひさしぶりに、

これはすごい!

という絵本を見つけました。
ストーリーはそれほど特筆すべき所はないんですが、とにかく、

絵がすごい!!!

この本を見たら、是非とも

照明

を見てください。

絵に照明? そんなのあるわけがない!

あるんです。実は。
全ての絵には、照明があります。なにしろ、光がないと物は見えないんですから。物体が見えるところには光があります。

絵描きは、その光を絵の中に表現します。

例えば、この絵本の絵画で見てほしい部分は、

コウモリの毛皮の輪郭部分の輝き (照明用語でキッカーという)
コウモリの耳を透ける光
月明かりを背に受けているのに、顔が判別できる (照明用語でフィルという)
月明かりでキラキラ光る海・波

これらが、完全に映画的な照明効果を狙って描かれています。
勝手に断言しますけど、この人は映画を意識してこの絵本を書かれています。

細部まで隙のない画で、鑑賞に値すると思います。

こんな記事もあります。

読まない本 on July 19th, 2009

感動する脳 on May 12th, 2008

古本 on January 14th, 2010

書籍:スピーク on October 18th, 2010

本「日本語・発音アクセント辞典」 on August 14th, 2007

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です