Home » 小学生の読み聞かせ

小学生の読み聞かせ

相変わらず、読み聞かせは続いています。
ただし、読む本が長編に変化しました。

つまり、登場人物が多い
キャラクター形成が複雑化
相関関係が複雑化

という、読み手には非常に難易度の高い読み聞かせになってきました。
読んでもらっている本人に聞いてみると、

寝る前の本は、一日で一番の楽しみ

なのだそうで、やはりやめるわけにはいかないです。
キャラクター一人一人の声色を変えて、セリフの多い主人公は

できるだけ地声

後は、性格に合わせた声を作ります。
でも、途中でどんな声だったか忘れてしまったり、マイナーなキャラクターが後からぽろっと出てきたりして、

あれ?

ということがあります。
それでも、続編を読み始めたとき、懐かしいキャラクターが再登場すると、僕の声を聞いて、

あ!何々だ!
あ!これこれだ!

一番好きな主人公が出てくると、頭を両手でパンパン叩いて興奮しながら大喜び。
小学二年生です。
この幼さ。(笑)

怒鳴ることも多いし、
馬鹿者っ!
とビンタをはることもあります。

でも、やっぱ我が子はかわいいです。(^_^;)
後、2年くらいは求められる限り読んでやるつもりです。

こんな記事もあります。

見られたくない年頃 on September 3rd, 2007

そういえば食育ってどうなった? on September 23rd, 2009

言葉は常に2歳生意気 on September 30th, 2007

カッコつけたい年頃 on August 2nd, 2009

子どもに教えられてしまいました on July 5th, 2008

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です