Home » 長編読み終わりました

長編読み終わりました

 | 

400ページの冒険小説、読み終わりました。orz

最後は、もう一人お気に入りのキャラクターが死んでしまいました。(^_^;)
とはいえ、悲しくも力強いエンディングでした。

音読は怖いです。

読んでいる僕も、子どものストーリーなのに感情が入りすぎて、言葉に詰まってしまいました。
聞いている息子の方は、一人枕に顔をうずめて、

しくしく (T_T)

しばらくすると、それもままならず、起きあがってうつむいて泣き出して、最後の一行を読み終えた瞬間、

号泣!! (^_^;)

近所の人は、僕がいじめているようにしか聞こえないはず。(笑)
ストーリー中に、年老いて半分ぼけたようなキャラクターがいて、息子はどうもその人のことをバカにしていたようです。というのも、話の中の若者達がその年寄りを小馬鹿にしていたので、息子もそう感じていたのです。

ところが、実はそうではなく、深い心の傷を負った立派なキャラクターだったのです。

そっぴくんは、

「そっぴくんは、このおじいちゃんのことバカだと思っちゃった?。
謝りたいけど、死んじゃったから謝れない」

と、そこでも号泣。(^_^;)
罪滅ぼしにと、

「そっぴくんはこの本を、宝物にする」

と決めたそうです。
大人が驚くほどきれいな心をしています。
親ばかで申し訳ないけど、

読み聞かせは子どもに100利あると確信しました。

絶対に読み聞かせは小さいうちから、毎日やりましょう。
こんな簡単な方法でキレイな心がはぐくめるのなら、絶対にはずせませんよ。

こんな記事もあります。

自己矛盾に答えてくれる本 on April 8th, 2009

ついに“宝島”が読める! on December 8th, 2009

白昼の死角 on February 3rd, 2008

速読で失うこと on April 20th, 2008

子供の学力に出来ること on November 30th, 2007

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です