Home » チョコレート・アンダーグラウンド

チョコレート・アンダーグラウンド

 | 

『チョコレート・アンダーグラウンド』
アレックス・シアラー 金原瑞人訳 1200円

を読みました。
チョコレートが大好きなので、思わず手にとって一気読み。

ストーリーは、有権者の怠慢で 「チョコレートを禁止する健康促進オタク」 のような政党が政権を握り、チョコレート禁止令が発令されます。そして、それに抵抗する少年二人と、老いた男女がチョコレートを密造して密売屋になり、摘発を受け政府転覆のための活動を開始する・・・

というお話。

荒唐無稽な話に聞こえますが、有権者の怠慢というのはこういうことです。

この話、読むといかに選挙が大切か、いかにイメージだけの選挙戦が無意味で危険かがよく分かります。

投票しないとどうなるのか?
投票する相手をどう選ぶのか?
自分の一票はどのくらい大切なのか?

選挙と政治の基本的な部分を、スリリングに書いていて面白いです。
すご?く馬鹿馬鹿しいことを、
すご?く真面目に書いていくと、

新しい世界ができる。

500ページくらいある分厚い小説だけど、週末一日で読めてしまいます。
ひょっとすると、子ども用なのかな。
僕は子どもが大きくなったら読ませてやりたいと思いました。(笑)

こんな記事もあります。

年末年始は本を山ほど読む on December 26th, 2007

傍線にまつわる切ない物語 on November 20th, 2007

読みにくい絵本 on May 5th, 2009

100円中日辞書 on January 10th, 2009

読まない本 on July 19th, 2009