Home » 思いやり

思いやり

 | 

ヤフーのポイントがたまっていたので、また寄付しました。
先日の愛知県岡崎市の水害宛。

前回も寄付したけど、このポイントをみんなが寄付したら、結構いい金額になります。

僕の寄付、今回だけならたったの数百円。
通算すると、2,000円近く寄付できてる。

僕自身の懐から出ているわけではないけど、一応懐からも寄付やボランティアはやってるから許して。(笑)

こんなポイント、景気よく寄付してしまいましょう、皆さん。 (^_^)

ところで。

先日、友人と歩いていて前から来た老人が、点字ブロックにつまずいて転んだ話をしました。
地下鉄の駅で、あまりに看板が沢山ありすぎて、困っている方を誰も助けなかったという話もしました。
新聞を見れば、殺人事件だのなんだの、とってもうるさいわけです。

でも、気持のいい世の中を作るために、自分の身の回りからできることってあるのです。

奥さんを大事にすることとか、子どもを褒めてあげることとか、自分に悩みがあっても他人の悩みを聴いてあげることとか、セールスを断るにしても丁寧に断るとか(笑)。

先日、そっぴくんが立てていたある目標を達成して幼稚園から帰ってきました。
なので、速攻で約束していたオモチャ(数百円)を買いに、おもちゃ屋さんへ走りました。

ところが、在庫がないのです。
この頃の人気商品だから、よく売れているみたい。

女性店員に在庫の確認をお願いすると、これがまた、とんでもなく丁寧!

端末で調べて、倉庫をしらべて、現物がないのに、端末には19コあることを確かめ、上司に聴いてそこら中を探して20分。

見つけてくれました。

僕はもううれしくて、うれしくて。(笑)

何回もお礼をいって、労をねぎらって、そっぴくんも丁寧にお礼を言いました。
たった300円以下のオモチャです。
よくあるのは、

「ああ、棚に並んでいるだけなんです」
「倉庫確認したんですが、見あたりませんでした」

で終わってしまうこと。
でも、この女性店員からは、使命感というか、小さな子に対しての思いやりが凄く伝わってきました。

こういう所から世の中って変わると思います。
まずは、自分が接する人が嫌な思いをしないようにすること。
相手が誰であろうと関係ないのです。

簡単なことです。
ありがとうって言いましょう。
なにかを断るときでも、申し訳ない、って言ってあげましょう。

その一言で、しばらく気分よくしていられる人が増えるのだとしたら、こんなに良いことはないのです。

こんな記事もあります。

そうそうに夏バテ? on July 9th, 2009

消費者としての自分と他人 on February 25th, 2008

一生会わない人達 on May 14th, 2008

何を教える、ではないのかも on October 28th, 2007

矛盾してるけど気付かない? on January 6th, 2010