Home » 激辛で体を壊すこともあるのね

激辛で体を壊すこともあるのね

 | 

先日息子と、新しく見つけたインドカレー店に行きました。
その店の味のクセが分からないので、いつも

中くらいの辛さで、激辛寄り

を注文します。
ここでの一回目もその習慣どおりに注文して食べたところ、

辛いけど、ちょっともの足りない

2回目には、やっぱり一番辛いところで・・・
と超激辛を頼んだのです。

でも、体が痙攣するほど辛い!

ヒーヒー言いながら意地で全部平らげたものの、舌が痛いほどでした。(>_<)
家に帰ってからも、腹がグルグル鳴るし、なんだか胃が熱いし、体の調子が悪くなってきて、

ソファーにぶっ倒れました。 orz

辛いカレーを食べたくらいのことで・・・。
しかし、恐ろしい辛さでした。
「調子に乗るからだ」って、妻に笑われました。orz

ちょっとあの店では「激辛」頼めません。
でも、あの辛さを手なずけてやりたい気もします。

で、何のために?
体を壊してまでやることか?

やめとこ。(笑)

こんな記事もあります。

土手煮、失敗・・・の大発見 on November 29th, 2007

料理の先生の小技 on December 14th, 2008

ジャンクフードが役立つとき on September 17th, 2008

焼き芋食いたい on December 14th, 2009

柿の変わった食べ方 on October 26th, 2008

激辛で体を壊すこともあるのねへ2件のフィードバックがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です