Home » 詐欺の被害者が何度もひっかかる

詐欺の被害者が何度もひっかかる

 | 

詐欺の被害者は、何度も同じ手口にひっかかるそうです。
詐欺の被害に遭ったことのない人は、被害者を笑ったり、

「なんでそんなものにひっかかる?」

と疑問に思ったりするんだけど、実は自分も気をつけた方がいいのです。
古本屋に本を売ったことがある方。

有名チェーンもそうですが、一般書の古本は

地産地消

が基本です。
つまり、地元の人が売りに来て、地元の人が買っていく。
自分が売った本は、あっと言う間にキレイにされて、すぐに棚に並びます。

数冊売っただけなら、「あ、これ自分の本だ」って分かりますが、多くの本を売るともうダメ。自分が売った本すら分かりません。

再度“買うため”に来店したとき、自分が売った本を手に取っている。(^_^;)
(僕もよくやります。(笑))

人はなかなか変わらないんです。
考え方のパターンも変わらない。

だから、いつも同じような本に目が留まる。

たとえそれが自分で売った本だったとしても。(^_^;)
本というのは、何かの問題を解決したいとか、退屈しのぎとか、色々な理由で買われます。
結局、人は、

いつも同じような問題を抱えている

手に取る本が似てくるのは仕方がないんです。
そこで、詐欺の話。

解決したい問題は、状況が違えど内容は同じ。
ソリューションらしきものが目の前に提示されると、居ても立ってもいられなくなる。
そして、やっぱり手を出しちゃうんですね。(笑)

人のことって、あまり笑ってられないです。

こんな記事もあります。

他人の家のことは分からない on May 17th, 2007

幼稚とかではなくて on January 25th, 2010

そうそうに夏バテ? on July 9th, 2009

謙虚な方が、生きやすいな on January 25th, 2009

思いやり on September 4th, 2008