Home » 絵本をマンガにするな!

絵本をマンガにするな!

 | 

息子が大きくなるにつれて、読んであげる本のレベルも上がってきます。
昔は、

プーさんの なんのおと

みたいなレベルだったものが、ストーリー性を持ったものになり、その後

登場人物の感情がストーリーに影響を与える。

だんだん物語になってきます。
ところが、困ったことにこの頃の絵本は、

漫画化

しつつあるのです。
1ページを6から8に区切って、アクションが細かく動いていきます。
ひどいものになると、本文(地の文など)に加え、フキダシまでつけてしまうのです。
絵本がマンガになったら、読み聞かせは非常に困難になります。

どの順番で読んだらいいのか?
子供は、どの絵を見たらいいのか、どこを読んでいるのか混乱する

絵本は、情報が少なくて、想像に頼るところに意味があるのです。
複雑な場面を、一つの絵だけで説明する。
作者としては、どの瞬間を切り出したらストーリーを効果的に伝えることが出来るかが腕の見せ所です。
むしろ、ラジオで読んでもらっても楽しいのが絵本です。

映画学校での最初の授業は、

ストーリーを、言葉(ナレーション)無しで見せること

を3分間の映画制作を通して考えるところから始まります。
映像で理解させることができないから、ナレーションで説明してしまうのは、

あまりにも短絡的で、落第点をもらいます

絵本を読む人が少なくなって、絵本そのものがマンガになってしまうのであれば、絵本を絶滅させた方がマシです。同じ絵を使ったコミュニケーションとはいえ、

絵本とマンガは別物、別々の文化なのです。

(*注 僕は決してマンガ嫌いではありません。マンガ批判ではなくて、絵本のあり方批判です。念のため)

こんな記事もあります。

年末年始は本を山ほど読む on December 26th, 2007

落書き帳のしつけ on December 9th, 2009

魯山人を読んでいて思った on August 29th, 2013

自己矛盾に答えてくれる本 on April 8th, 2009

絵のない本の読み聞かせ on January 15th, 2008

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です