Home » 困った親も、困っているみたい

困った親も、困っているみたい

 | 

そっぴくんの天敵である、一人の子がいます。

ウチのボウズもやられたらやられっ放しではないので、かなりケンカをするみたいです。
でも、その子は卑怯な手、つまり股間を蹴ったりするそうで、さすがのそっぴくんも、それをやられると動けなくなってしまいます。

相手の子は、どこで覚えたのやら。

どうも、この子の親が

他人に迷惑をかけるとか、暴力は良くない

という躾けをしてこなかったそうで、幼稚園でもワガママばかりなのだとか。
それから口も悪い。
先生に対して、

「くそばばあ!」
「死ねや!」

と言うのだとか。
かわいくねぇ?。 (○`ε´○)
この子の親はどうかというと、ブランド物に身を包み、かなりバッチリと化粧をしている人。
ウチでは何も言わないらしい。
困った親です。

でも、先日ちょっと小耳に挟みました。

どうも、この子の母親、この子の躾けに困っているらしい。
困った子の困った親も、

困っているみたいです。

たった6歳でここまで乱れてしまった我が子です。
人の話を聞くということを厳しく躾けられてこなかった子が、人の話を聞けるようになるには、

親がかなりの努力をするか
大きな影響力を持つ人との出会いか
子供自身の気づき
当然、親子の根気

が必要です。
ちょっとかわいそうになりました。
親の努力、これは習慣の問題です。
問題意識を持って反省と実行を繰り返すことは、辛い作業です。

大きな影響力を持つ人との出会いは、

他人依存がすぎます。 却下。

子供自身の気づきは、おそらく早くても小学校高学年でしょうか。
でも、それを支えるのは親ですから、これも上手く行くかどうか。

で、必要となるのが、親子の根気です。

かなりハードルが高い。

昔僕に教えてくれた方がいました。

子供ってのは、立ってる棒みたいなものです。
少し傾いただけなら、ちょっと押せば元に戻ります。
でも、かなり傾いてしまったら、元に戻すのは至難の業です。
だから、日々、自分の子育てを反省して、少しずつ軌道を直しながら子供を躾けるのです。

そのうち気付くのを待っているのなら、棒が倒れるのを見て見ぬふりをしているようなものです。
少し傾いた時に修正をかける。

例の天敵の親も、そこに気付いて行動を起こした方がいいんじゃなかろうか。

こんな記事もあります。

卒園前夜 on March 17th, 2009

親の危険な心理状態 on September 10th, 2007

子供の涙 on October 27th, 2007

努力する子供 on October 25th, 2009

ヒジをついて飯を食う on June 21st, 2007