Home » 夫婦がお互いのためにできること

夫婦がお互いのためにできること

 | 

僕が疲れていると自分自身より先に妻が気付いてくれます。
一言、

「ちょっと休んだら?」

と言われると、とても休みやすいです。(笑)
自分から、

「ちょっと休む」

とは、なぜか言いにくい。(^_^;)

そう言ってもらえると(という理由だけでもないけど)、相手のことも気になってきます。最近疲れてるみたいだと思えば、休めるように取りはからうことも必要になってきます。具体的には、

子供から解放してあげること! (笑)

これに尽きます。僕ら夫という立場からの優しい言葉は、実現の具体性がないと、妻側から反発されてしまうことがあります。せっかく気を遣ったのに、なんて言い方だ!と腹が立つようなときは、僕らの言葉に現実性がないときでしょう。

これが続くとふと気付くわけです。新聞を読んでいたりすると、

男性/女性に特有の病気

の話がある。お互いが心地よく生きていくためには、僕らが妻達のことをある程度知っておくべき。(逆も真理ということ)

人は、自分が足りないことは見えないけど、相手の足りないところはよく見えるもんです。

だったら、お互いが気遣い合えば、お互いに足りないところを補い合える関係ができるわけです。健康管理は嫁さんの役目、とか言ってないで、お互いの健康管理は相互責任だということにするだけで、ずいぶん相手に対しての心遣いが変わります。

おそらく、今のうちに僕らも骨粗鬆症だとか、更年期障害とかの知識を持っていた方が

将来安全 なはず。(笑)

「もっと魚をたべよう」とか、「鉄の中華鍋で料理したら鉄分が取れるから、中華を作ってあげる」とか、具体的な提案はいくらでもできるわけです。よく耳にする、お父さんが好き嫌いが多いから、“子供食”みたいな食事が多い、などというのは、男の側から改善していく必要がありそうです。その方が、やっぱり将来安全。

と、模範的な良い夫のようなことを言って点数稼ぎをしてますが、現実は

苦労かけっぱなしで悪いなぁ

というところからこういうことを考えてしまうわけです。(^_^;)

願い事をするときは、自分の隣にいる人の幸せを願うというけど、これは正しいことかもしれません。

こんな記事もあります。

友人からのメール on February 16th, 2010

嫌なことは自分の所で止めようよ on July 5th, 2007

飯食ったか? on November 7th, 2007

もったいない、夫婦間の誤解 on November 4th, 2008

世界は狭いな on January 22nd, 2010