Home » 久々にウキウキ

久々にウキウキ

 | 

仕事の途中で時間があまると、どうしてもハードオフとかブックオフとかに行ってしまいます。
ネットで見てると、そういう癖のある人達がいっぱいいるようで、僕もその一人。(^-^;

で、見つけたのがこの写真のギターです。

AriaProII Magna

シリアルナンバーの頭2ケタが製造年だとするなら、93年ものですか?
僕には詳しいことはわかりませんが、おそらく

古い!

といっても、ボウズにあげたB.C.Richのワーロックに比べると、少し新しい。
1年くらいか。(笑)

このギターが僕がたまに寄るハードオフの

ジャンク品コーナー

にありました。

お値段 6,300円 税込

安い!けど、ゴミだったら高い!
この程度の買い物でも迷いに迷って、1か月ほど前に見て以来、何度も手にとって見ては

「ジャンクだもんなぁ。不動品だったらイヤダよなぁ・・・」

と棚に返していました。
意気地なしです。(笑)
しかも、ずっと売れないんです。
その店の傾向として、ジャンク品のエレキギターは程度が良さそうなものに限らず、

1週間在庫されてない

結構な競争率です。
一本だけ、あまりにもたたずまいの悪いエレキギターがあって、それは売れません。
おそらく誰も買わないほど、雰囲気がかわいそうなほどみすぼらしい・・・。
僕が買いそこねた中でも、

白色 レスポール コピー品 ナット割れあり 3000円
灰色 レスポール コピー品 特に見た目の問題なし 4000円

これらも数日で売れてました。
サンバーストだったりしたら買ってしまうところだったけど。
でも、まだ

ギター弾けます

というほど上手くないのに、ギターばかり増やしてもなぁ。
ネックの厚いレスポールだったから、初心者の僕には弾きにくい手触り。
それに、なんちゃってセットネックだから、ネックに塗装してあると手が温かい僕の場合、滑りが悪くて弾きにくいんです。

とにかく、このアリアプロ、1か月売れないのは何か怪しい。

でも、このギターはめちゃくちゃ棚から呼びかけてきます。
どう見てもジャンクとは思えない。
80年~90年代のメタルで育った僕には、ヴィンテージギター全盛の今でも、

尖ったギターの方が魅力的

時代遅れと言われようが、年甲斐もなくと言われようが、このアリアプロは魅力的です。

見た目にキズ無し > ピックが当たった跡もない
指板もフレットも減ってない > 弾かれた形跡すらないウブギター
GOTO製ペグ > 高品質パーツ
フロイドローズ > メタルキッズのあこがれ

プライスカードには「チェック時音出ました」とある。

ジャンクの理由は何だろう?

ネックの反りは若干逆反り > 直せる
6弦ペグが少し取り付けが甘い > ネジ増し締めで大丈夫
古いモデル > 僕自身が既に古いモデルなので、関係ない
アリアプロ > 超不人気メーカー 個人的にはデザインが好きなので関係ない
商品説明に偽りあり? > 音が出たというのは、ウソかその瞬間出ただけ?でも、ジャンクなんだし、他のお客さんだってそんなことは分からない。

最大の難点は、フロイドローズのブリッジで弦を固定するインサーションブロックという、通常なら数百円の小さな金属部品の欠品で、6弦が張れないことです。ネットでブロック自体は買えるけど、ライセンスモノのフロイドローズの部品って、微妙に互換性がないと聞きます。

「もう、いいや。買っちゃえ!どうせたったの6,000円!」

ブロックくらい、そのへんの鉄の切れカスをヤスリで削って手作りすればいいか。

もし不動品なら、機能している部品を移植すればいいんです。
GOTOのペグ、ピックアップやハンバッカーも激安ストラトキャスターコピーに移植して使うなり、部品取りに置いておけばいい。

と、考えるとゴミであっても全然安い。(o^-‘)b グッ!

で、買ってきました。

結果は、大満足です。\(^o^)/

オレンジオイルで磨きこんでみても、全く人が触った形跡がありません。
すみからすみまで無傷でツヤツヤ。
胡麻粒より小さい打痕があるけど、・・・ねぇ。(^-^;
音は、すべてシッカリ出ます。
今使ってるのが最安ストラトコピーなので、音はメーカー品の幸せ。(笑)

ただ、フロイドローズのインサーションブロックは・・・
ブロックの下に薄っぺらい顎が出ているような

超変な形 (´・ω・`)

しかも、普通に流通しているのが約4mm角で、6.5mm高なのに、

高さが7.5~9mm

と、弦ごとに異なっています。

良く言えば手のかかった仕様。
悪く言えば、厄介な仕様。

まあ、音質にこだわるほど弾けるわけでなし、6.5mmのを流用すればいいか。

6.5mm高のブロックを注文して、待っている間にフレットのすり合わせや弦高調整などをしました。
6弦が張れないので細部の調整は部品が届いてからです。

僕の背後で光っているアリアプロ。
美しい暗くて渋いムラサキです。

かっこよすぎ。 ((((o゜▽゜)o)))

追記:
ブロックを注文したお店の方が調べてくれて、各弦で長さが違うフロイドローズなんて前代未聞だと教えてくれました。ひょっとして超厄介なものを買ってしまったのか?(笑)
それがジャンクのジャンクたるゆえん???
まあいいか。
何かあったら部品自分で作ります。(^-^;

こんな記事もあります。

Shuttle PRO on June 13th, 2008

モノは大事に使いたいね on February 12th, 2014

踏んだりけったり、のち晴れ on November 10th, 2011

Bluetooth マウス on February 22nd, 2010

Zoom9002・・・・撃沈 on November 5th, 2011

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です