Home » ひょっとして自分が悪いのか

ひょっとして自分が悪いのか

たま~に、うちのボウズが

何となくシラけた目でものを見る

ことがあって、気になっていました。

子どもらしくねぇ~!

と、思うこともありました。
でも、ぞっとすることに、

それって、何でも疑ってかかる自分の姿!

ではないですか。(^_^;)

テレビ~?くだらない。
ドラマ~?くだらない。
流行の音楽?ケッ

みたいなところが自分にはあって、それを見ているうちに子どもが

シラけた態度をとる

そう考えても不思議はないです・・・・。

やばい。(笑)

口では、「パパが嫌いなことを、そっぴくんが嫌う必要はない」とは言ってるけど、小学二年生がそこまで独立した考えができるはずないです。

他人の嫌いな所は、自分自身の中にあること

そういえば、そういう言葉を聞いたなぁ。
今、まさにそういうことのようです。

やはり、自分が変われば子どもが変わるのか。

こんな記事もあります。

不器用な生き方 on February 8th, 2008

分かるようになる感覚に中毒 on May 19th, 2007

キッズタレントの怪母 on May 29th, 2012

老人福祉に一言・・・ on December 5th, 2011

ゴール on February 7th, 2008