Home » 携帯がここまで使えるとは

携帯がここまで使えるとは

 | 

率直に言って、携帯は大の苦手です。
受けるのも、かけるのも苦手です。

僕の電話嫌いは、映画を作っていた頃の経験が大きく影響しています。
制作期間中に電話がかかってくると

役者が
「NYでテレビシリーズに出る仕事が入ったから、キミの映画に出られなくなった」
「整形手術をしてしまったから、顔が変わった」
「もうやりたくない」orz

とか、機材レンタル店や販売店が
「今日送るはずだった機材が、在庫間違いで出せなくなった」
「別の人に間違えて貸してしまった」
「壊れた」orz

などという電話が、全体の半分を占めるほど悪いことだらけだったために、

電話 = イヤなことを知らせる機械

というイメージが固まってしまったのです。
でも、先日買った携帯電話の説明書を見て遊んでいるうちに、

これは面白い!

と少し警戒が解けました。
語学用にiPodが欲しいと思っていたところ、携帯電話にmicroSDを入れれば僕のニーズは十分以上に満たしてくれてしまいます。だから、iPodいらない。

携帯でテレビなんか見るもんか

と思っていましたけど、情報部分がとても便利で有益。
でも、ちょっと操作するとパケット代が発生するという警告が出るのでうっとうしい。

そのうち、パケット無制限プランに入りたくなってしまうという作戦に乗せられてしまいそうです。(__;)

テレビの録画も出来てしまうし、写真もそこそこきれいで、困った機械です。
手触りも良くって、ポケットに入れても存在感がないほど薄い。
これで、Bluetoothが使えたらいいんだけど、そこまでは言いますまい。

携帯って機能が多くなりすぎてますけど、小さい中に色々入ってるってのは、五徳ナイフみたいで男心をくすぐります。

もうちょっと良いモデル買っとけば良かったか。(笑)

完全に術中にはまってきたみたいです。
他愛もない。

こんな記事もあります。

Zoom9002・・・・撃沈 on November 5th, 2011

叩けば直る on June 28th, 2011

師走 on December 5th, 2008

ZEBRA SARASA 0.7mm on March 10th, 2008

こういう物を買ってしまった on June 25th, 2007