Home » 子どもの個性か規律か

子どもの個性か規律か

 | 

子どもの個性は大切にすべきとか、すべきでないとか、そういう議論は馬鹿馬鹿しいです。

まな板の上にあるのは、“個性”です。

本人以外の人間がつぶす権利なんてありません。
って、個性を大切にすべきでないなんて明言する人はいないですが。(笑)

でも、先日ある所で見た小学生くらいの子は、個性の前に規律も大切にすべきでは?と思いました。

ある場所(お店)に来て、店内の畳スペースで自分の家みたいにゴロゴロと横になって、好きなDVDを見ている。
何か要求があると、母親を大声で呼びつける。
母親が誰と話をしていようが、全く関係ないのです。
当の母親はというと、ちょっと気の利いた切り返しをして悦に入っているという雰囲気です。

う、鬱陶しい。(__;)

知り合いのお店とはいえ、ある意味公共の場で、ゴロゴロしている息子を叱るべきだと僕は思います。
大人が話しをしているところに割り込むなら、近くに来て許可を得てから話すべきだし。

子どもを規律でしばったからって、没個性になることはありません。
むしろ、その逆なんだそうです。

しばってもしばっても、全くこたえず出てくるのが個性なのだとか。

こんな記事もあります。

懐かしい藁束の上で on October 22nd, 2007

子供がワガママな時は on February 13th, 2008

本気で、子供に東大合格者の真似させます? on February 21st, 2009

自分の間違いを修正する on January 9th, 2008

ひかれたタヌキ on August 28th, 2009