Home » ついに“宝島”が読める!

ついに“宝島”が読める!

この頃、寝るときの読み聞かせで、短い絵本を読むと、

「なんだ・・・こんなに短いんだ・・・」

で、

「もう一冊、だめ?」

と言われることが多くなってきました。
読んでる僕としては、

むかっ! (`_´)

とするんですけど、確かに短い絵本はいかにも幼稚で、絵本に親しんできた息子にはもうストーリー性の無さが際立ってくるんだと思います。なので、そろそろ長編に行こうかということに。

以前は、僕の子供の頃の愛読書、

佐藤さとるのコロボックルシリーズ

を読んであげたんですが、やっぱりここらでハラハラドキドキのもの、

スティーブンソンの 宝島

これに決定です。
今日、第一章を読み始めました。そうです、

ベンボー提督亭

です。 (O_O)
ハッキリ言って、読んでる僕が興奮してくるんです。
だから、演技とかセリフも白熱してくる。

・・・これから寝るんだけどね、息子は。(^_^;)

こんな記事もあります。

子どもの個性か規律か on March 21st, 2010

一日を子どもに費やす on August 9th, 2008

父親冥利に尽きる on July 2nd, 2008

「家族の絆」と言うけれど on June 8th, 2008

片付けは大切な教育だわ on December 4th, 2007

ついに“宝島”が読める!へ2件のフィードバックがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です