Home » 映画: 不都合な真実

映画: 不都合な真実

 | 

アル・ゴア元副大統領 の

「不都合な真実」

をみました。
この映画はとても恐ろしいです。ご覧になった方、この映画は

環境問題の映画だと思いましたか?

僕はそれだけだとは思えませんでした。 「不都合な真実」 は、全ての人が持っているのです。
人間がいつまでたっても変えられない性質がテーマのように見えます。

アル・ゴア氏がどれだけ自分が調べた結果を声を大にして叫んでも、人は聞きません。
聞いても実行に移す前に忘れます。それどころか、

「それはウソだ」

という人もいる。または、アル・ゴア氏の説を一つ一つあげつらって、いかに地球温暖化や、海面上昇がウソなのか論破してやろうという人もいます。僕は、アル・ゴア氏の説が真実なのか、虚構なのかを理論的に肯定も否定もできる立場にありません。

でも、これって説が正しいとか正しくないではなく、CO2が少ないならその方が住みやすいだろう、地球の温度は下げた方がいいだろう、無駄なエネルギー消費は控えた方が良いだろうという、地球はそこに生きる全ての存在(人から、石ころまで)のものだという公共意識、

コモンセンス

じゃないのか。

キャンプへ行ったら、その場所を好きなだけ汚して帰ってもいいのか、悪いのか?

この質問に、いいんじゃない? と答える人はかなりイカレています。
僕らは、いずれ死ぬわけで、次の世代に地球を残していくわけです。つまり、一時的にキャンプしているのと同じ事。

どこの誰に、ここを汚す 権利 があるのか?
どこの誰に、誰がどれだけ汚していいと決める権利があるのか?

こういう質問が出てきます。当然答えは、 「誰にも権利なんてありません」 となるのだけど、その一方で、

「だったら、原始人みたいに生きるように世の中を変えていくのか?」

という質問も出てきて当然。僕はそれもちょっとこまりますし、無理です。
極論すぎて馬鹿馬鹿しい。
もっと言えば、

「生きててごめんなさい」

なんてことにもなりますね。

さきのキャンプ場の例だって、その場所を使ったら全く無傷で去ることは不可能です。草木は折れるし、火を使えばその場所は焼けてしまうわけです。何らかの傷跡を残して、それでも傷跡を最小限にして去った方がよい。そうすれば、自然の治癒能力でもとに戻っていくはず。

仮に大人数でキャンプして、その場を著しく傷つけたとしても、回復を早めるために “管理やメンテナンス” ができます。時間がかかるか、かからないかは別として、元に戻すことができます。

海面上昇をアルキメデスの原理で “ウソだ” と得意になって説明しても、公共の場所をきれいに保つという一人一人の責任は当然のことで、理論を否定することには何の意味もないわけです。でも、

公共の場所をきれいに!

という、どうしたって否定できない言葉も、アル・ゴア氏がどれほど言っても通じないのです。

これを歯がゆいと感じる人は多いはず。
でも、「不都合な真実」 は意外に近くにもあります。

英会話の業界でも、

「英語を1週間でマスターできる」
「努力無しで」

なんて言葉を濫用します。なんとかして、

語学は継続的な努力無しでは習得できないのです

というメッセージを伝えようと努力しても、なかなか誘惑には勝てない人が多いし、ウソの物量も多いから惑わされて、いつまでも簡単な特効薬を探し続けます。そして、手遅れになって、最後には、

「もういまさら」

とあきらめてしまう。

環境も、語学も、人生も、なんでもかんでも同じ事です。
みんな、今一番やらなければならないことは分かっている。
なのに、それをドンドン後回しにしてしまう。

でも、やっぱりやっておけばよかった、という後悔にいたります。見返してみると、常に警告を発している人達がいたのに、雑音にかき消されてしまうのです。

自分が 「不都合な真実」 を持っているかいないか。
不都合だから、それを否定する良いイイワケを探そうとしていないか?

僕自身も、将来の後悔に向けて突き進んでいないか、よく見ていかなきゃいかんね。(笑)

こんな記事もあります。

現場に仕事をしてもらう on March 14th, 2011

気持がダウンしたときに効くこと on June 2nd, 2008

“くだらない事”は何か? on August 21st, 2009

生活をシンプルにする on April 6th, 2008

矛盾してるけど気付かない? on January 6th, 2010