Home » WordPress 2.1.3 から 2.3.3 へアップグレード

WordPress 2.1.3 から 2.3.3 へアップグレード

 | 

このブログはWordpressを使っているのですが、なんとなく使っていたWordpressが、

ME

と呼ばれているものらしく、3月いっぱいで運営を終了するとか。実は、MEと本家なるものの違いを全く意識していなかったため、Wordpressが無くなるのかとおもってしまいました。が、そうではないようです。

いずれにしても、今まで先送りにしてきたアップグレードを、どうしてもやらねばならない時が来たようです。

僕も専門家ではないので、この方法で完璧!とは胸をはって言えませんが、今日だけで自分のもの、人のもの合わせて5つのワードプレス(開発用のローカル Xampp 内の物も含め)のアップグレードを成功させたので、大丈夫だと思います。でも、意外に簡単でした。

アップグレードは既存のものを消し、2.3.3と丸ごと入れ替えます。

僕の場合は、2.1系 が2件、2.2系が3件で同様の方法でアップグレードしました。

  1. まずは、http://ja.wordpress.org/ こちらから2.3.3をダウンロード
  2. zipを開きます
  3. 解凍されたフォルダの中に readme.html があるのでクリック
  4. これにアップグレード方法が次のように書かれています

これまでのバージョンから 2.3 へのアップグレード:

1.変更したファイルを保存し、古い WP ファイルを削除します
2.新しいファイルをアップロードします
3.ブラウザで /wp-admin/upgrade.php にアクセスします

もっと何かしたかったですか?? これだけです !

臆面もなく堂々と言ってしまいますが、これでも素人の僕にとっては分かりにくかったです。
そしてこのままやっても、“現状復帰”にならないため、後で途方に暮れることになります。(具体的には、プラグインフォルダや既存テーマも消してしまうため、それらを再アップしなければならないところ)

しゃ?ないじゃん、素人だもん。(笑)

やってて気付いた各手順の具体的な注意点を書いておきます。

1.FTPで、現行ワードプレスが入ったフォルダの中身を全てダウンロードしておく

これは、これまでにアップしたり掲載した画像データや、自分で手を加えたテーマなどを後からサーバーに戻すので絶対に必要です。一応、何の役に立つのかも分かりませんが、管理>エクスポート でもバックアップをとっておきました。
それから、config.php が後で役に立ちました。

その後、サーバー内の全てのデータを潔く削除します。
これが一番手が震えます。(笑)

2.新しいワードプレスをアップ

良いのか悪いのか知りませんが、古いデータの中から

・プラグインの入ったフォルダ
・画像などをアップロードした保存先フォルダ
・テーマのフォルダ

を。そして、これも禁じ手なのかもしれませんが、

・古い config.php

を、それぞれ元の場所にアップロードしておきました。ちなみに、最終的にいくつかのプラグインは対応していませんでしたが、僕の場合は機能しなかったものはコントロールパネルから問題なく停止させることができました。

3.ブラウザで /wp-admin/upgrade.php にアクセス

最初、ステップ2でお話した config.php がサーバー内に無かったため、

「config.php が見つからないので・・・」

というメッセージが出ました。 config.php の新規作成を促してきますが、なんだか不安だったので、ここで僕は古い config.php をアップロードして、再挑戦してみました。(結果オーライ)
分かる人は、現行の WordPress のデータベースのホストや、ユーザーネームとかいうのを入力すれば、この後にお話する日本語化の問題は起きないと思います。

僕は分からなかったため、苦肉の策で config.php のアップロードを思いつきました。(笑)

config.php をアップした後で、再度 upgrade.php へアクセスすると、今度はデータベースのアップデートを促す説明が出てきます。

★ 2.2系のアップグレードは、この後クリック2回で完了。(^_^)v ★
プラグインなどの調整が必要でしたが、記事やカテゴリーなど、全て移行できました。

★ 問題は、2.1系からのアップグレードの場合です。 ★

config.php をアップした後で upgrade.php へのアクセス時、表示が英語になります。
アップグレードは問題なく完了しますが、コントロールパネルは全て英語です。古い config.php の設定だと、新しいワードプレスの wp-content / languages / の中にある ja.mo / ja.po を読みに行かないことが原因みたいです。

いろいろと調べた結果、config.php を少し修正したら解決できました。
一番最初のステップでダウンロードしておいた古いワードプレスフォルダ内にある config.php 内の一番下の方、

define (‘WPLANG’, ‘ja_UTF’); という行を探して

define (‘WPLANG’, ‘ja_UTF‘); “_UTF” を消し

define (‘WPLANG’, ‘ja‘); としたら解決しました。

とりあえずちゃんと日本語で動いています。
2.1系の config.php と問題の起きなかった2.2系のものを比較してみましたが、ほとんど変わらないので大丈夫でしょう。

終わりよければすべてよし

とっても緊張しましたが、こうしてこのブログを続けているので問題ないはず。
ただし、これを実践して何かあっても僕は責任持てません。
持つ技術があれば持つことも考えますが、残念なことにそんな技術を持ってません。(笑)

もし詳しい方で、

「こんなことしてはイカン!」

ということがあれば、コメントに残していただければと思います。

フォーラムで聞くに聞けなくなってしまった方の参考になれば幸いです。

こんな記事もあります。

この頃、気になる商品 on March 24th, 2009

Yahoo! 仕事用 on May 7th, 2010

しゃべる iPod シャッフル・・・? on March 12th, 2009

ハリウッドが女性大統領の準備中? on June 11th, 2014

パソコン相談サービス? on March 30th, 2010

WordPress 2.1.3 から 2.3.3 へアップグレードへ4件のフィードバックがあります。

  1. WordPressだったんですねえ。
    僕もブログ移転を考えてますが、どうしたものでしょうかねえ。
    無料のサービスだと気軽で良いんですけどね。
    RSSが全文表示されるようになったので少しびっくりしました。

    これからもたのしみにしています。

  2. RSSの全文表示って、“Multibyte Excerpt” が外れていたためかも。再度設定したのでこれで大丈夫なのか、それとも2.3.3の仕様なのか、僕にはお手上げ。(笑)
    僕のような素人がWordpressだと、自分の手が滑って

    あ・・・。

    とかいっているうちに全部消えた、とかなりそうで怖いという心配があります。(^_^;)
    詳しい人は自由がきくので面白いですよね。
    僕はテーマを少し触っただけで画面が真っ白になって、しばらくサーバーから蹴り出されたりとか、よくあります。でも、こういうことも嫌いじゃないみたいです。PHPとかも一種の語学だから、やったら面白いのかもしれないなぁ。

  3. 石川さん、丁寧な解説ページをありがとうございました。
    ひとつのサイトでアップグレードしてみましたが、無事できました。
    最初、写真が表示されなくて何がいけないのかとME版の管理画面と日本語版の管理画面を見比べて悩んでしまいましたが、
    uploadsフォルダを戻してなかっただけでした(アホです)

    >その後、サーバー内の全てのデータを潔く削除します。
    ここだけなんかこわくてできなかったので、サーバー上のフォルダ名を変更しただけにしてしまいました。
    で、以前のフォルダ名で新規フォルダを作成してそこへ2.3.3をアップしました。
    全部ローカルに保存してあるので理屈では削除しちゃっていいんでしょうけど。。。。。

    あと6〜7サイトあるのでコツコツがんばります。

  4. データを削除するときはやたら緊張しましたが、よく考えてみたら削除するデータの中にはあまり大切な物ってないことに気付きました。momongaさんがおっしゃるような画像データとテーマくらいですね。(^_^;)
    大切な物はデータベースに入っているから、そちらが壊れたり、データのやりとりができなくなることが一番怖い。
    色んな人がWordpressの説明してくれているけど、データベースに関しては、

    「データベースのバックアップを取る」

    と書かれているだけ。分かる人は分からない僕の気持ちが分からないんですね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です