Home » 書籍:心にトゲ刺す200の花束

書籍:心にトゲ刺す200の花束

 | 

心にトゲ刺す200の花束―究極のペシミズム箴言集

を読みました。
20分で読める本です。

「ものは言いよう」的なプラス思考の本の向こうを張る、ペシミズム、つまり悲観主義の言葉集です。

読んでいると笑えます。
ビクトール・フランクルという「夜と霧」の作者である心理学者が、ナチスの強制収容所の中で生き延びた体験を書いていますが、その中では、

クリスマス前には開放される

という根拠のない希望を持った人は早く挫けていった、とあります。
それよりむしろ、今、まさに自分がいる状況、ここでは収容所の中での苦しい生活、を冗談にして笑い飛ばすことが出来た人が強いのだそうです。

例えば、収容所では食事時間にスープをもらうとき、具の方が少し重くて沈んでいるため

「なるべく下の方からすくってください」

と言ったのだとか。それを、自分が開放され自由になって、元の生活に戻ったとき、友人のパーティーで、

「なるべく下の方からすくってください」

って言っちゃいそうだ、とみんなで笑ったのだとか。
自分の状況を笑えるくらいの方が、色々な物事は好転しやすいものだということです。

この本を読んで笑うことには、大きな意味があると思います。

こんな記事もあります。

子供の学力に出来ること on November 30th, 2007

小学生の読み聞かせ on April 25th, 2010

読まない本 on July 19th, 2009

昔、日本人は「しつけ名人」だった on December 22nd, 2007

不覚にも目頭が on August 23rd, 2007

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です