Home » 苦味剤とは、賢い。

苦味剤とは、賢い。

 | 

先日、そっぴくんがついに6歳になりました。
誕生日のプレゼントにボウズが選んだのは、

DXヤッターワン + ヤッターマン2人・アクションフィギュア + びっくりどっきりメカ

祖父母と僕らで分担して買いました。
早速遊び始め、しばらくして昼ご飯。食べているとき、

「うわっ。手が苦い」

と言うのです。おそらくプラスチック加工で、表面に何か薬品でも残っているのかと思いました。夜ご飯もやっぱり、

「にが?い」

なんだろう??
ゴム風船なんかは、表面の白い粉のようなものが結構苦かったりしますけど、ヤッターワン??

箱をよく見てみると、なんと誤飲防止のために、

苦味剤

なるものが塗布してあると書いてあります。

なるほど!!

いままで、こういう物の存在を知りませんでした。(笑)

テイストアバージョン

という、人間の本能を利用して赤ちゃんの誤飲を防止しようとは。

オモチャ業界、賢い!!

試しにどれだけ苦いのか、自分で舐めてみたところ、とてもじゃないが我慢できない味です。
子どもなら一瞬で吐き出すでしょう。

更にすごいのは、後味が後を引かないこと。
十秒くらいで舌の上から味が消滅しました。

僕がつい数年前まで飼っていた犬が子犬だった頃、ドアの枠を噛んだりするので、

「ワサビを塗ってやったら噛むのをやめるだろう。ふっふっふ!」

と、ワサビを塗ったら、

寝ころんでリラックスしながら、ベロベロなめていました。

意味ねぇ?。(笑)

犬はワサビ系の味、平気なようで、塗ってあるところ全部舐め歩く始末。
この苦味剤があったら、絶対に噛むのやめただろうね。

どんな動物でもこの味に慣れるヤツはいないでしょう。

こんな記事もあります。

子どもはとても敏感です on February 5th, 2008

たった8年で出来ること on June 9th, 2011

入学式の主役 on April 6th, 2009

ハッピー クライ on October 4th, 2009

息子の鼻が!! on May 15th, 2007