Home » やった!ギターが生き返った!

やった!ギターが生き返った!

 | 

先日、ハードオフのジャンクコーナーで手に入れた、

新品みたいなギター

生き返りました。
意外に部品調達や、弦高調整が大変だったものの、無事調整完了。
オクターブ調整も問題なく、あっさり完了。
いくつか問題はありました。

● 問題1 変形インサーションブロック
フロイドローズのインサーションブロックは、元々の物が手に入らず純正の短いもので代用しました。

● 問題2 ネックの逆反り
白状すると、ここで少し無駄が出てしまいました。
トラスロッドを調整して反りを直そうと思い、カバーを開けたらナットがありました。このギターは六角レンチではなくて、パイプレンチで調整するタイプ。狭くてナットのサイズを測ることもできないので、ネットで調べた所、

1/4 じゃね~のか?

みたいな自信満々の答えを見つけて、あまりの自信にその言葉を信じて注文しました。
が、ボックス部分が長すぎて入りません。送料込みで800円ほど無駄使い。(^-^;
仕方なく・・・最初からそうすべきだったのだけど・・・メーカーに問い合わせたら、あっさりと

8ミリです。在庫ありますよ。

ということで、今後要ることになるかもしれないので注文しました。
なにが1/4だ?ネットの情報って、ダメだなぁ。
お値段 300円。(笑 ただ、取りに行くのに時間がかかる)

● 問題3 フロイドローズのフロート状態
フロイドローズが浮いてる状態(アップ・ダウンのアーミングが出来る状態)はチューニングが狂うので、アップのみの方向で調整しました。それじゃあ、フロイドローズの意味無いじゃんと言われそうですが、そもそもアームを付けません。ものものしいブリッジが好きなのです。(笑)

という具合で、無事アンプにつなぎ、音出しチェック完了です。
ローフレットが少しビビるかなという感じがのこるので、ボックスレンチが届いたら調整してみます。

そろそろ弦の在庫が切れつつあるので、こっちも用意しておかないと。
僕と息子で弾くようになったので、モノが倍必要になってきました。(笑)

こんな記事もあります。

ZEBRA SARASA 0.7mm on March 10th, 2008

Aria Pro II はいいぞ on November 7th, 2011

電気火鍋 on January 7th, 2010

iPad は引っ張りだこ on January 31st, 2011

灯油ランプ on June 20th, 2007

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です